SCREW - ラムのある新しいシーンを

SCREW

SCREW'S VISIONスクリューが描くヴィジョンとは

screw company logo
手をつないでビーチバーにやってきた老夫婦がモヒート片手に
踊り出す。 カリブで見かけた理想の風景の一つ。
(株)SCREW のビジョンは、
『ラムのある新しいシーンを日本に作ること』
スポーツやファッションのように全く別の世界のツールと
つながっていけば、ラムだって身近なものになる。
バーだけにとどまらず、ラムがもっと日常に根づいていけば、
それはやがて日本に文化になるかもしれない。
ラムをもっともっと身近なモノにしたい。
社名のSCREW には、目的地まで静かに深く潜航する潜水艦の
スクリューのような、「推進力」と言う意味が込めらています。
RUM COLLECTION
博物館に展示されていても遜色のないヴィンテージラムを含め
7,000本程のラムを所蔵。
女神が描かれたタックスメタルから、そのボトルが1947年~
1949年の頃のモノと分かる『OLD JAMAICA RHUM』、
キューバ革命以前の『BACARDI』など、開栓が躊躇われる
ボトルも多数。現代のラムにつながるSOTRYを紐解きながら、
至福の1杯を楽しむのも一興。
また、海老沢忍のプライベートラムボトルや、リリース数時間で
完売した限定ラムなども当店ではお楽しみ頂けます。
ONLINE STORE
昔から買い集めて来たビンテージの小物や、SCREWの
オリジナルグッズ、RUMボトルなどをご紹介していきます。
BAR
ラムはサトウキビを原料とした蒸留酒。
歴史を振り返ると、大航海時代、帆船に積み込まれたラムは
さまざまな大陸を行き来していました。
ラムは世界を旅してきたお酒です。
今では世界中で自由に造られているラムは、数多くあるお酒の中
でもっともローカリズムとグローバルリズムの二つの側面を併せ持つお酒なのです。
生産地、蒸留所、造り方によって味わいや香りは千差万別です。
そんなラムの魅力を私たちはもっと探求したいし、多くの方に知って頂きたい。
BARでは数あるラムの中からきっとお気に入りの1本に出会えるはずです。
OUTDOOR BAR
酒をより深く楽しめるようなアウトドアでの選択肢があってもい
い。そんな想いを形にしたのがS.O.S.(SCREW Outside
Section) FESやCAMP、山や海でも『アウトドアにはラムが
似合う』と発信し続け、少しづつ形にしたSCREWのOUTDOOR
BARをぜひ体験しにいらしてください。

Instagram@rum_bar_kichijoji_tokyo

気温も高くなり、ジメジメした日が多くなってきましたね。
普段はダークラムばかりですが、今回はさっぱりと爽快感のあるホワイトラムをご紹介します!

写真左から

・ギアル アイララム
スコッチウイスキーの聖地、アイラ島で立ち上がった新興蒸留所で作られる本格派のホワイトラム。
ジャマイカ産の糖蜜を使用し、ポットスティルにて蒸留されたこちらのラムは、まさにイギリス系といった骨太の味わい。

・ワンラム ブレンデット
沖縄県で黒糖を生産している離島、8島の黒糖をそれぞれの個性を生かしブレンドし蒸留された一本。
柔らかな黒糖の風味を楽しめるホワイトラム。

・ボローニュブラン
ホワイト好きから人気だったグアドループ島の一本、日本への輸入が無くなってしまい久しい銘柄ですが、この度一本だけ復活入荷しました!
柑橘系の爽やかさを楽しめる一本です。

ホワイトラムのストレートをチャレンジするのもよし、爽やかにソーダ割りでスターターとしてセレクトするのもよしです!

ぜひお試しください!
日本国内で展開されている数少ないラムシリーズのうちの一つ、ウィスクイーさんの手がける「ワールドラムヘリテージ」。
今回は当シリーズからリリースされたトリニダード・トバゴ産の一本をご紹介します!

・ワールドラムヘリテージ T.D.L 2009 13年

現在、トリニダード・トバゴ唯一のラム蒸留所となったT.D.L(Trinidad.Distillery.Ltd)の原酒をバーボン樽にて13年熟成したシングルカスク。
連続式蒸留器で蒸留され、スムースで香ばしい味わいが特徴の蒸留所ですが、今回の一本は、黒糖やレーズンから、プラムやカルダモン、バニラと変化していく香りと、アプリコットやブラウンシロップの甘みと生姜やグローブのスパイス感のある味わいから、モカのような香ばしさまで楽しめる一本となっているとのこと。

まるで舞浜のあのテーマパークのように様々なキャラクターが楽しめる夢の国のような味わいのTDL。
ぜひお試しください!
先日ご紹介した熟成クレラン、パパリンはもうお試しになりましたか?

ハイチ国内に500ヶ所あるといわれ、そのほとんどが国内消費されているという、世界がまだ知らない地酒、クレラン。
そんなクレランを外の世界へ連れ出し、ブランドや、熟成など新たな表情へ変えて紹介してくれているヴェリエ社より、さらに新たな熟成クレランをご紹介いたします!

・ヴュー サジュー 2017 5年
ミシェル・サジュー氏が代々住んでいる場所で製産されている、サトウキビジュースを手作業や動物の力を使い、単式蒸留器で作られたクレランを、ヴェリエ社がストックしているカロニの空樽へ詰め、5年間の熟成を経た一本。
エキゾチックでフローラル。チョコレートのようなフレーバーも楽しめるとの事。

こちらもぜひお試しください!
1651年に創業したマルティニーク最古のサトウキビ農園の一つ、ドメーヌドゥモンターニュをルーツとして持つ蒸留所、デパズ。
度重なる買収や、1902年のモンターニュプレ山の大噴火にも負けず、1922年に当時の首都であるサン・ピエールに新たな蒸留所とシャトーを建設し、そこから100年。
そんな波瀾万丈の100年を祝った、特別な一本が到着いたしました!

・デパズ キュベ 100ans ドゥ シャトー

セラーマスターが、サンピエールの熟成庫から2011、2013、2016の3ヴィンテージから厳選した10樽をブレンドした、6〜11年のもの。
グァバや柚子、杏やスターフルーツ、バナナといったフルーツのニュアンスが非常に多く、デパズ特有の完熟フルーツのようなアロマが楽しめる一本です。

シャトーとは、フランス語で城や大邸宅という意味で、広大な畑や蒸留所を持つ生産者を表す言葉。ボトルに描かれたデパズのシャトーを眺めつつ、100年の歴史をお楽しみ下さい!
ジャマイカの中でも、とりわけ高いエステルを含むラムを生産している、ロングポンド蒸留所のシングルカスク、カスクストレングスが到着いたしました!

・レクイエム ロングポンド 2007 15年

ラムのダークな歴史にスポットライトを当て、敬意を表するシリーズ、「REQUIEM」よりリリースされたこちらは、2007年蒸留の15年熟成の一本。
Ive Trewlany Potと呼ばれる原酒を使用した一本で、かつては同じ原酒をワーシーパーク蒸留所が仕込んでいたという逸話も残っています。

ロングポンド蒸留所は2012年に起きたタンク不具合の製産休止から、2017年に再稼動しており、休止前の原酒を使用した貴重な一本となっております。

重厚感のある味わいだけでなく、同じように濃厚な歴史を辿る、レクイエムシリーズ。
ぜひお試しください。
アジア圏のラムから、新たなブランドが日本到着しています!

今回はアンコールワットで有名な、カンボジア産の一本。
2014年、南米ベネズエラ人の創業者が天然資源が豊富なカンボジアへ蒸留所を立ち上げ、カンボジア初となるプレミアムスピリッツの蒸留をスタートさせました。
現地で収穫されたサトウキビから作られる高品質な糖蜜を原料に伝統的な製法で手作りされているラムとのこと。

写真右から
・サマイ ゴールドラム
ひょうたんのような独特な形をしたポットスティルで蒸留、バーボン樽とシェリー樽を使い熟成した一本。オーガニックなハチミツを僅かに加えることで糖蜜の濃厚さを引き出している一本。

・サマイ カンポットペッパーラム
カンボジア名産である爽やかなレッドカンポットペッパーというコショウを加えて作られており、シャキっとした爽やかさとキックをプラスし、スパイシーでフレッシュ、フルーティなラムとなっています。

カンボジアの公用語、クメール語で新世代、未来への展望といった意味をもつ「サマイ」。
カンボジア初、アジア圏の新世代ラムをぜひお試しください!
カリブ海に浮かぶ、旧フランス領の国、ハイチ。古くからサトウキビ栽培をしており、領内には200を超える蒸留所が存在しています。そのほとんどが先日ご紹介した「クレラン」を生産していますが、今回はハイチでは数少ないながらも「ラム」を生産している最新の蒸留所、ポートプランス蒸留所の熟成ラムをご紹介します!

・プロヴィデンス 2019

2018年にボトラーズブランドのヴェリエ社と、長年ハイチでラム作りをしているバルバンクール家とが共同で立ち上げた首都にあるポートプランス蒸留所。
そこで生産されたラムを、ヴァリエ社の持つカロニの空樽で3年間熟成させた一本。
フレッシュなさとうきびジュースやレモン、レーズン、焼きパイナップル、ジンジャーといったフレーバーの楽しめるラム。

ハイチ産としては珍しい、単式蒸留機で作られた一本。ぜひお試しください!
ヴェリエ社といえば、ジャマイカのハイエステルラムが代名詞ですが、ハイチの地酒であったサトウキビの蒸留酒、クレランを世界へ初めて紹介したボトラーズでもあります。

今回ご紹介するのはそのヴェリエ社オーナー、ルカ・カルガーノ氏が自身で選び抜いたクレランのうち、2017年蒸留のものを5種バッティング、4年熟成したボトリングされた一本が到着しております!

フルボディのパイナップルやペッパーのスパイス感とフレッシュなサトウキビの活き活きとしたフィニッシュが楽しめる一本となっております!

ハイエステルラム好きはもちろん、レア産地好きやアグリコールラムをお好きな方へもおすすめです!
ぜひお試しください!

CONTACTお問い合わせフォーム