SCREW - ラムのある新しいシーンを

SCREW

SCREW'S VISIONスクリューが描くヴィジョンとは

screw company logo
手をつないでビーチバーにやってきた老夫婦がモヒート片手に
踊り出す。 カリブで見かけた理想の風景の一つ。
(株)SCREW のビジョンは、
『ラムのある新しいシーンを日本に作ること』
スポーツやファッションのように全く別の世界のツールと
つながっていけば、ラムだって身近なものになる。
バーだけにとどまらず、ラムがもっと日常に根づいていけば、
それはやがて日本に文化になるかもしれない。
ラムをもっともっと身近なモノにしたい。
社名のSCREW には、目的地まで静かに深く潜航する潜水艦の
スクリューのような、「推進力」と言う意味が込めらています。
RUM COLLECTION
博物館に展示されていても遜色のないヴィンテージラムを含め
7,000本程のラムを所蔵。
女神が描かれたタックスメタルから、そのボトルが1947年~
1949年の頃のモノと分かる『OLD JAMAICA RHUM』、
キューバ革命以前の『BACARDI』など、開栓が躊躇われる
ボトルも多数。現代のラムにつながるSOTRYを紐解きながら、
至福の1杯を楽しむのも一興。
また、海老沢忍のプライベートラムボトルや、リリース数時間で
完売した限定ラムなども当店ではお楽しみ頂けます。
ONLINE STORE
昔から買い集めて来たビンテージの小物や、SCREWの
オリジナルグッズ、RUMボトルなどをご紹介していきます。
BAR
ラムはサトウキビを原料とした蒸留酒。
歴史を振り返ると、大航海時代、帆船に積み込まれたラムは
さまざまな大陸を行き来していました。
ラムは世界を旅してきたお酒です。
今では世界中で自由に造られているラムは、数多くあるお酒の中
でもっともローカリズムとグローバルリズムの二つの側面を併せ持つお酒なのです。
生産地、蒸留所、造り方によって味わいや香りは千差万別です。
そんなラムの魅力を私たちはもっと探求したいし、多くの方に知って頂きたい。
BARでは数あるラムの中からきっとお気に入りの1本に出会えるはずです。
OUTDOOR BAR
酒をより深く楽しめるようなアウトドアでの選択肢があってもい
い。そんな想いを形にしたのがS.O.S.(SCREW Outside
Section) FESやCAMP、山や海でも『アウトドアにはラムが
似合う』と発信し続け、少しづつ形にしたSCREWのOUTDOOR
BARをぜひ体験しにいらしてください。

Instagram@rum_bar_kichijoji_tokyo

琥珀色のスピリッツを作る上で欠かせない、熟成に使う木樽。実に様々な種類のものがありますが、スペイン、アンダルシア地方で作られる、蒸留酒を加えて熟成させた白ワインであるシェリー酒の熟成に使われた空樽を使ったラムをご紹介します!
シェリー樽は、ウィスキーを中心に様々なお酒の熟成に利用されており、需要に供給が追いついておらず、貴重な存在となっていますが、シェリー樽で熟成をさせる事で生まれる果実味あふれる味わいはラムの世界でも大人気な樽といえます。

写真左から
・ロンアブエロ XV オロロソ
旧スペイン領、パナマ共和国産のアブエロをオロロソシェリー(香り高い辛口シェリー)の空樽で追加熟成をした甘口ラム。
大粒のレーズンやカシスのような果実味がプラスされており、バランスに優れた一本。

・イエラム サンタマリア ボヤージュ#2
沖縄県伊江島産のイエラムを、3年9ヶ月もの長期間シェリー樽で熟成させた一本。
ドライフルーツの香りやクルミのニュアンスを楽しめる、強烈なシェリー感を感じるラム。

・コンパニーデザンド モーリシャス 14年
サントーバン蒸留所の原酒を14年熟成させた一本。シェリー樽熟成は16ヶ月と短いながらも、アーモンドやプルーン、プラム等シェリー樽熟成で現れるニュアンスをしっかりと感じられるラム。

プルーン、レーズン、ドライフルーツなどのフルーティさ、アーモンドやクルミのナッティさなどさまざまな表情を見せてくれるシェリー樽熟成。
いつもと少し違う一本をぜひお試しください!
皆様はダークラムがお好きですか?それともホワイトラムがお好きですか?
僕は最近ゴールドラムが好きです!

大きな樽で短期間熟成させることでほんのりと色づき、ホワイトラムのフレッシュさとダークラムの熟成感と両方を楽しめるゴールドラム。
今日はそんなゴールドラムをいくつかご紹介します!

写真右から
・イエラム サンタマリア ゴールド
沖縄県伊江島産。創業当時からスタンダードとしてラインナップされているこちらは、北海道の余市で10年以上使用された樽をリチャーして熟成させています。オークの甘い香りと新鮮なサトウキビの香りとが混ざり合う一本。

・ラ ファボリット アンブレ
フレンチアグリコールラムの代名詞、マルティニーク島産。フレンチラムはゴールドラムの呼び方にいくつか種類があり、ファボリットは琥珀を意味するアンブレ表記。フレンチオークの樽で2年の熟成をかけた一本。

・ウィスパー アンティグア ゴールドラム
旧イギリス領、アンティグア島の一本。
濃厚なイギリス系ラムが人気ですが、こちらはライトでさっぱりと飲めるゴールドラム。アメリカンオークの樽で2年以上の熟成をしています。

・ラムエクスプローラー ベリーズ
カルバドスを生産しているシャトードブルイユがそのブレンド技術を詰め込んだラムをリリースしたシリーズ、ラムエクスプローラー。こちらは中米のベリーズ産ラム。コニャック樽で2-3年熟成した一本で、柔らかいバニラの香りやフルーティーさと樽由来の渋みとが楽しめる一本。

今日は華の"金"曜日。今夜は"ゴールド"ラムで乾杯しませんか?
ぜひお試しください!
皆様、GWはいかがでしたか?最大で10連休もあり、お出かけ等で少しお疲れのかたもいらっしゃるかもしれません。
そんな時にゆっくりと時間をかけて楽しんで頂きたい、極上の甘口ラムをご紹介します!

・E.レオン ヒメネス
ドミニカ共和国の葉巻ブランド、オーロラ社の110周年を記念し、同じドミニカ共和国産のラム、バルセロ社の協力のもと、年間3000本限定と少量生産で作られる濃厚な甘口ラム。
葉巻との完璧なマリアージュを目指して作られており、まるで長期熟成した葉巻から楽しめるクリーミーさと香ばしさがラムに乗り移ったような味わいの一本です。

暖かくなってきて、湿度のある今日のような日は葉巻を燻らせながら甘口ラムで連休疲れを癒すのも良いですね!

ぜひお試しください!

CONTACTお問い合わせフォーム