SCREW - ラムのある新しいシーンを

SCREW

SCREW'S VISIONスクリューが描くヴィジョンとは

screw company logo
手をつないでビーチバーにやってきた老夫婦がモヒート片手に
踊り出す。 カリブで見かけた理想の風景の一つ。
(株)SCREW のビジョンは、
『ラムのある新しいシーンを日本に作ること』
スポーツやファッションのように全く別の世界のツールと
つながっていけば、ラムだって身近なものになる。
バーだけにとどまらず、ラムがもっと日常に根づいていけば、
それはやがて日本に文化になるかもしれない。
ラムをもっともっと身近なモノにしたい。
社名のSCREW には、目的地まで静かに深く潜航する潜水艦の
スクリューのような、「推進力」と言う意味が込めらています。
RUM COLLECTION
博物館に展示されていても遜色のないヴィンテージラムを含め
7,000本程のラムを所蔵。
女神が描かれたタックスメタルから、そのボトルが1947年~
1949年の頃のモノと分かる『OLD JAMAICA RHUM』、
キューバ革命以前の『BACARDI』など、開栓が躊躇われる
ボトルも多数。現代のラムにつながるSOTRYを紐解きながら、
至福の1杯を楽しむのも一興。
また、海老沢忍のプライベートラムボトルや、リリース数時間で
完売した限定ラムなども当店ではお楽しみ頂けます。
ONLINE STORE
昔から買い集めて来たビンテージの小物や、SCREWの
オリジナルグッズ、RUMボトルなどをご紹介していきます。
BAR
ラムはサトウキビを原料とした蒸留酒。
歴史を振り返ると、大航海時代、帆船に積み込まれたラムは
さまざまな大陸を行き来していました。
ラムは世界を旅してきたお酒です。
今では世界中で自由に造られているラムは、数多くあるお酒の中
でもっともローカリズムとグローバルリズムの二つの側面を併せ持つお酒なのです。
生産地、蒸留所、造り方によって味わいや香りは千差万別です。
そんなラムの魅力を私たちはもっと探求したいし、多くの方に知って頂きたい。
BARでは数あるラムの中からきっとお気に入りの1本に出会えるはずです。
OUTDOOR BAR
酒をより深く楽しめるようなアウトドアでの選択肢があってもい
い。そんな想いを形にしたのがS.O.S.(SCREW Outside
Section) FESやCAMP、山や海でも『アウトドアにはラムが
似合う』と発信し続け、少しづつ形にしたSCREWのOUTDOOR
BARをぜひ体験しにいらしてください。

Instagram@rum_bar_kichijoji_tokyo

新しいタイプの国産ラムが到着しました!
その名も、「極上 琵琶乃甘露」。

宮古島産ラム(以前からラムを飲まれている方はきっとどこのものかわかりますよね?)を、世界的にも有名な滋賀県産ウイスキーの蒸留所、長濱蒸留所のポットスチルで再蒸留しオロロソシェリー樽で熟成、さらに5種類の世界のラムと、鹿児島県指宿産の糖蜜と水を加えてて仕上げた「ワールドブレンデットラムリキュール」です。

糖蜜由来の甘さとラムの果実味溢れる絶妙なバランスの一本となっています。

甘口ラムのようにストレートはもちろん、氷を加えるとトロピカルな味わいが強まります。
今日のように寒い日にはホットラム(お湯割り)もいいですね。

ぜひお試しください!
【今週金曜日は祝日のため16:00より営業いたします!】
今や30銘柄以上と近年盛り上がり始めている国産ラムの世界。
様々な場所で自由な発想から生まれる新しいラム達ですが、中でも、日本古来の砂糖である「和三盆糖」の生産の際に出る糖蜜という正に国産という原料を使用した香川県、馬宿蒸留所の和三盆ラムから2023年蒸留の新酒が到着致しました!

先日、和三盆ラムを仕込む際に使われる糖蜜を食べてみたのですが、海外産のものとは違い、上品な甘さと旨味を感じられ、驚きました!
この違いは、和三盆を作る時は丁寧に丁寧にあく取りをサトウキビのジュースから行っているからとのことで、残った糖蜜も和三盆の上品さが感じられるようになるとの事。

しっかりとした個性を持ち、様々なキャラクターのある国産ラムの中でも、原材料である糖蜜にこだわり抜き、あえてスタンダードな味わいを目指している和三盆ラムの新作。
ぜひお試しください!
【土日祝日は16:00より営業!】
強烈な個性を持つジャマイカのハイエステルラムが近年人気を博していますが、先日ご紹介したハンプデンのようにジャマイカの各蒸留所エステル量によって原酒を作り分けていることはご存知でしたか?

例えば、ロングポンド蒸留所では、HJC/LIB、HTCC、
モニマスク(クラレンドン)ではEMBやMMWなど、
ラベルに書かれた謎のアルファベットはそういった意味がありました。

このようにボトル一本一本にマークの記載が始まったのは
近年のハイエステルブームがきっかけで、
それまではマークどころか蒸留所の記載が無いものがほとんどでした。

今でこそジャマイカ=ハイエステルとなっていますが、
ハンプデンやモニマスク(クラレンドン)は500前後のミディアムなものが多く、
ロングポンドには1,500を超える強烈なものがあったりと、
マークから見ていくと蒸留所ごとの個性が見えてきます。

今回はあえて、低いエステルのジャマイカラム、ロウエステルラムをご紹介します!

・ヴェリエ ヴェールロイヤル 2006
ロングポンド蒸留所に組み込まれたヴェールロイヤル蒸留所の蒸留機で作られた一本。
マークはVRWで150-250のエステル量。
こちらのシリーズは同時に出た1500を超えるハイエステルが注目されましたが、
ロウエステルのこちらも違った力強さを感じられる一本。

・ワーシーパーク シングルエステートリザーブ
ワーシーパークのオフィシャルボトル。
マークはWPLでエステル量は60-119。
こちらも強烈なイメージのワーシーパークですがエステル量は思っていたよりも低い一本。
オフィシャルならではの飲みやすさとファンキーさの同居した一本。

・ブラックアダー ロウカスク モニマスク 2003
最も高いエステル量のものであっても550程とジャマイカの中では穏やかな味わいのモニマスク。
ヨーロッパでの熟成(コンチネンタルエイジング)がぴったりとハマり、ウィスキーのような綺麗な味わいになるため、
以前のボトラーズジャマイカはモニマスクを瓶詰めする事が多かったように感じます。

エステルってよく聞くけどわからない🤔
ジャマイカラムはちょっと強烈で苦手、、🫣
という方にこそ、ロウエステルラム、おすすめです👐
是非一度お試しくださいね!
19世紀、アメリカ、ニューオーリンズのカフェやバーへカリブ海から上質なラムを輸入していた「jung & wulff」
今回、そのジャング&ウルフからのラムがついに日本にも勢揃い致しました!

写真左から
・ジャング&ウルフ トリニダード No.1
シルキーな舌ざわりで程よい熟成感の楽しめる一本。滑らかにフルーツやスパイスへと変化するラム。
・ジャング&ウルフ ガイアナ No.2
力強く、ブラウンシュガーのような味わいからローストしたコーヒーのようなほろ苦さも楽しめるスモーキーな一本。
・ジャング&ウルフ バルバドス No.3
焦がし砂糖やドライフルーツなど様々な味わいを深いカカオで包むような一本。バルバドスらしい上品なラム。

ジャング&ウルフのラムのコンセプトは「テロワール」。
ラムの原点でもあるサトウキビの育つ土壌を称え、表現しているとの事。
ストレートやロックはもちろん、一杯目のラムリッキーもオススメです。

ぜひお試しくださいね!
信濃屋さんと広島県のbar treさんによるプライベートボトルが本日発売となりました!

今回のハンプデンはスコットランド、トンプソンブラザーズからの一樽。

伝統的なダンダー仕込みを用いてエステル(ラムに含まれる香り成分の総称)の含有量を高めたハイエステルラムが有名ですが実はそれだけではなく、エステルの含有量をコントロールし、なんと8種類もの原酒を作り分けており、それぞれ独自のマークをつけています。

マークの種類はエステル量の少ない順に

OWH (40-80 g)
LFCH (80-120 g)
LROK (200-400 g)
HLCF (400-600 g)
<>H (900-1000 g)
HGML (1000-1100 g)
C<>H (1300-1400 g)
DOK (1500-1600 g)

となっており、今回の一本は、1番含有量の少ないOWHの珍しいタイプ。

ハイエステルのパワフルなハンプデンとどのような違いがあるのでしょうか?

力強いハイエステルラバーも、ちょっと怖くてハンプデンを試せずにいた方もぜひ一度お試しください!

CONTACTお問い合わせフォーム