できればタープを張らず、星空の下、焚火をつつきながら眠くなるまでグラスを交わしていたいです。

この号では、簡単な焚火料理をご紹介。(一度座ったらテントに行くまで立ち上がりたくないものです・・・)

Amazon Kindoleでご覧いただけます!
https://screwww.page.link/BE-PAL201411